top of page
犬と猫のシルエット背景

 言葉が喋れない大切な家族の一員であるワンちゃん・ネコちゃんに、定期的な検診をされませんか?

ごあいさつ

ごあいさつ

犬猫のシルエット
獣医師と犬と猫
神戸エルザ動物病院の外観

 エルザ動物病院の ワンちゃん・ネコちゃんの健康診断、ペット相談等についての情報のページヘお越しくださりありがとうございます。

 家族の一員のワンちゃん・ネコちゃんに定期的な検診をされませんか?言葉で不調を訴えることのできないワンちゃん、ネコちゃんは、1年で人間の4年分、年をとると言われています。  当院では定期的な健康診断(わんにゃんドッグ)をお勧めしています。 言葉で不調を訴えることができないワンちゃん、ネコちゃんの「わんにゃんドッグ」で病気が早期発見につながります。

 ワンちゃん、ネコちゃんの普段の姿を、一番ご存知なのは飼い主様です。獣医師は、動物のことについては詳しいですが、動物は自分の体調のことを説明してはくれませんので、普段のワンちゃん、ネコちゃんの様子は、知り得ません。ですから、獣医療には、飼い主様と獣医師の、二つの視点が必要です。ワンちゃん・ネコちゃんのかかりつけ医として、ご相談をお待ちしております。

院長 大藤 章 

院長 大藤 章

診療時間

●…通常診療

★…午前10:00~12:00

▲…継続診療のみ

診療時間

ペット健康診断について

ペット健康診断について
犬と猫の模型Q&A
  • 1.元気や食欲がない。
     元気や食欲がなくなる原因は多岐にわたりますが、家庭や環境の変化やごはんを変えたりするなどの病気以外の要素が原因であることもあります。いつもの半分以下くらいしかごはんを食べない、痩せてきている、調子悪そうにぐったりしている場合は早めの受診が必要です。
  • 2.下痢や血便をする。また排便の様子がいつもと違う
     便のトラブルは人間と同様に健康状態の変化を教えてくれます。下痢の原因は食あたりやごはんがあわない場合から消化器病がある可能性があります。排便時に痛そうに鳴く場合も胃腸のトラブルのサインです。
  • 3.食べたものをすぐ吐いてしまう。
     嘔吐は食べ過ぎで吐いてしまったり、空腹時間が長過ぎて吐いてしまうような生理的なものや、神経疾患、胃腸のトラブル、ホルモンバランスの変化などの様々な原因があります。また、見ていないところで誤食をしている可能性もあり、一日に何回も吐く場合や何日も続く場合には注意が必要です。
  • 4.常日頃と比べて、呼吸が早い、苦しそうな様子をしている。また、咳もしている。
     呼吸が苦しそうな場合は喉、気管、肺といった呼吸器に問題がある可能性が考えられます。通常、口の中や舌の色は赤色〜ピンク色をしていますが、白っぽかったり、紫色を示す場合は酸欠状態であったり、貧血を起こしているかもしれません。咳をする場合には心臓病や呼吸器病が疑われますので、早めの治療が大切になります。一度検診にいらして下さい。
  • 5.いつもより眼が赤い、白い、目ヤニが出ている。歩行中に物によくぶつかっている。眼をしょぼしょぼさせている。
     人間と同様に緑内障や白内障、ドライアイや角膜に傷ができることがあります。最近、物にぶつかることが多くなったのは年のせいかな?と思っていても、それは病気のサインかもしれません。一度ご相談ください。
  • 6.いつもと違い、歩き方がおかしい、びっこをひいている、足を引きずっている、どこか痛そうな様子だ。
     ワンちゃん・猫ちゃんの関節のトラブルは多く、放っておくと高齢になって歩けなくなってしまうこともあります。早めのケアが生涯の健康な足腰の維持に必要です。また、足を引きずったり、どこか痛がるのは神経のトラブルでも起こるため、併せて診察する必要があることもあります。一度ご確認ください。
  • 7.意識がなくなっており、手足が伸びている状態である。てんかんの発作が起きた。
     発作の症状がある場合、その頻度が多かったり、症状が長い時間起こると脳に後遺症を残してしまうことがあります。発作かな?と思ったら、一度症状の様子をご相談下さい。
  • 8.しこりができている、またそれが大きくなってきた。
    しこりの種類を調べる必要があります。視診や触診だけではそれが良性なのか悪性なのかが判断できないことが多いため、詳しく検査する必要があります。ガン治療は早期発見、早期治療が重要です。早めの検査をおすすめします。
  • 9.皮膚や耳を痒がっている。頭をよくふる。皮膚が赤くなっている。 ふけがよく出る。毛が抜けてきた。
    皮膚病や耳の中のトラブルの可能性があります。ワンちゃん・猫ちゃんの皮膚は人間の皮膚よりもデリケートであり、皮膚のトラブルは非常に多いです。一度ご相談ください。
  • 10.口のにおいが気になる。歯肉が赤くなっている。歯石がついている。
     歯周病はそれだけでも歯が痛くてご飯が食べれなくなる原因となるばかりか、歯周ポケットの感染が全身的な体調不良につながる恐れもあります。日頃のオーラルケアから歯科治療まで、一度ご相談ください。
肉球イラストの背景
チェック表
猫の肉球イラスト

 上記のチェック表をご参照いただき、少しでも気になることがあれば、早めに治療を始まられるきっかけになります。

 ワンちゃん・ネコちゃんは、自身で具合悪いことを伝えることができないので、飼い主様の観察力で、獣医師に伝えていただくことを切にお願いします。

​ お電話で,まずは、ご相談ください。

Tel.

(078)928-3204 へ

猫の肉球イラスト
ペット相談室について

​医院の様子

犬の肉球イラスト

はじめてご来院の方へ

猫の肉球イラスト

 当院へはじめてご来院の方に、事前に初期問診票をご記入の上、ご持参いただきますとスムーズに受診いただけます。

医院の様子
犬のシルエット
猫のシルエット

ほのぼのギャラリー

ほのぼのギャラリー

​病院の案内

エルザ動物病院

住所

兵庫県神戸市西区王塚台1丁目150

院長

大藤 章

TEL

(078)928-3204

診療時間

月~土、祝…

午後4時~7時

日… 

午前10時~12時

※祝日の診療は、継続治療のみ承っております。

午前9時~12時

休み

日曜午後

その他

入院設備有り

動物医療保険(アニコム・アイペット)利用可

​公式サイト

鉄道

JR明石駅より、明石バス停より吉田バス停下車徒歩4分(350m)

R175号線玉津インターチェンジより、車で8分(2.3km)

有り

駐車場

病院の案内
ほのぼのギャラリー

待合室では、患者様の絵を随時展示しています。

bottom of page